テーマ:

水平線と空(京丹後五色浜)

まだ台風が来ていない快晴の8月11日。 京丹後市網野町の五色浜海岸。 波に削られた岩場の向こうは日本海。 水平線と青い空。 海は穏やかだった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空と青い海

アメダスによると今日の神戸は最高気温34.1度。 神戸ポートアイランドからは真っ青な空。 暑かった~ 海面に浮かぶ黒い影は・・・潜水艦だった。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

海を守る船たち

姫路の飾磨港飾磨埠頭。 ポートセンタービル正面にはフェリー定期船の発着場があるが、同ビルの裏側にまわると特殊な船舶がならぶ。 手前に係留されているのは兵庫県警の警備艇。 海上保安庁の巡視艇や姫路市消防局の消防艇も見える。 フェリー乗り場とは違った雰囲気を感じられる。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路みなとミュージアム

姫路飾磨港飾磨埠頭。 姫路ポートセンターの2階には「姫路みなとミュージアム」がある。 同ビル正面には大きく看板があるのだが、どれだけ認知されているのだろうか。 姫路市民でも知っている人は少ないのではないかと思う。 ビル正面玄関を入るとすぐに2階への階段が見える。 入館無料。 水曜日の午後1時。平日だったからなのか、ガラーンと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飾磨埠頭にて

姫路飾磨港飾磨埠頭。 姫路ポートセンター前からは家島群島や小豆島へ行くフェリーなどの定期船が発着する。 水曜日の午後。 埠頭にはフェリーの接岸を待つトラックの列があった。 海面は出航した高速船の航跡でキラキラしていた。 駐車場横にあるモニュメントは「希望」。 元々姫路駅前にあったものがここに移設されたらしい。 接岸したフェ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

船が出なくて

8月14日の紀伊水道は穏やかだった。 海岸から見える海と空が美しい。 2日後の8月16日、久しぶりに友ヶ島に渡ろうかとおもって加太に行った。 厚い雲と高い波。 雨は軽く時々だったが悪天候で船が出ず。 友ヶ島はまたの機会にということになった。 加太の港。正面似見える赤い鳥居はすごい数の人形の淡嶋神社。 ・ ・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漁船ぎっしり

明石港、ジェノバライン乗り場付近をぶらぶら歩くと材木町公園前。 底引き網漁船が隙間無くぎっしり係留されている。 いつ見てもきっちり隙間が無い。 順序よく一斉に出て行って、順序よく収まるのだろうな。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸港の飛鳥Ⅱ

神戸ハーバーランドに行くと、中突堤に飛鳥Ⅱが接岸していた。 「秋の日本一周クルーズ」を終えたところか。 全長241m。客室は436室あるそうで。 大きいなあ。 今日から「瀬戸内秋紀行クルーズ」が始まっている。 来年2018年の3月には102日間の世界一周クルーズがある。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白と青の宮津湾(天橋立にて)

股のぞき発祥の地という傘松公園を下りた後、天橋立の砂州を歩いた。 白い砂浜に出ると宮津湾がとても青かった。 平成16年の台風で倒れたという双龍の松。 倒れた幹が保存されている。 他にも大きな「船越の松」が今にも倒れそうな状態になって、鉄骨で支えられていた。 続く松林を歩いていると・・・左の松、抱き合ってるように見えないか?…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

万葉の岬から

相生湾の入口、「万葉の岬」に立つ。 家島諸島の上は気持ち良い空。 切り崩した外観が目立つ男鹿島。 花崗岩や安山岩を採掘しているという採石の島。 沈み行く太陽の方向には瀬戸内に浮かぶ養殖いかだ。 もう少し待てば美しい夕陽が見られたかも。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明石海峡大橋をくぐるジェノバライン

先週の土曜日は気まぐれで淡路島に渡った。 明石から岩屋まで淡路ジェノバラインの高速船で。 片道約13分の小さな船旅。 明石港を出るとすぐ目前に明石海峡大橋が見える。 2階デッキで海の風を感じながら海峡を進む。 この船の乗客のほとんどは生活のあしとしての利用なのだろう。 甲板に出て楽しんでいるのは私一人だった。 久しぶりの船…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳴門・渦の道

明石海峡から淡路島を縦断し、大鳴門橋を渡った。 この橋を渡ったのは初めてか2回目か。 少なくとも渦潮見物は初めてだ。 8月18日。 この日は大潮。ちょうど昼の干潮時に見ることができた。 大鳴門橋の橋桁内に設置された海上遊歩道「渦の道」から鳴門海峡を見下ろす。 海岸近くでは河のように流れる潮流が見えた。 たくさんの渦の列が紀…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

播磨灘に沈む夕陽

野島平林は淡路島北部の西側海岸。 日の入りのおよそ30分前。 西の空が赤く染まるころ浜におりた。 播磨灘に日が沈む。 静かな美しい時間だった。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

那波港「みずべのさんぽみち」で緑と青

相生湾那波港。 中央公園の南から始まる「みずべのさんぽみち」を少しだけ歩く。 遊歩道は緑に囲まれてはじまる。 緑のトンネルと木漏れ日に春を感じた。 木々の間から入り江の浜が見える。 穏やかな波が細かくよせる。 水辺に出ると青い空がひろがった。 「みずべのさんぽみち」は那波港を周回できるらしい。 中央公園周辺だけかとお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

播州赤穂で可愛い花をみつける

播州赤穂の福浦海岸から東御崎海岸を少しだけ歩いた。 今にも雨が降り出しそうな空模様だったが、海岸は寒さを全く感じない温かさ。 コンクリートで固められた海岸線の遊歩道をゆっくり歩く。 ふと岩肌が見える陸側の斜面を見ると、青い小さな花があった。 可愛い花だが形がおもしろい。 人の手指のようだ。 もうひとつこんな花も見つけた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫崎・竹野海岸のエメラルド

昨日の記事では「火星」などと言って遊んでいた写真の場所。 本当はこんなところ。 兵庫県豊岡市の日本海に面した海岸。 ここに細長く海に突き出した猫崎半島がある。 猫崎の西側は波食棚の平らな岩石海岸になっている。 訪れた今月26日の日曜は、青空とおだやかな海が広がっていた。 この海岸の岩場には、所々に円形の深い穴が見られる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砲口の奥を覗く

姫路市飾磨港。 停泊する姫路市消防局の消防艇「ひめじ」。 長さ21.6m、総トン数37。 5,000L/分と3,000L/分それぞれ2つの放水砲を備える。 船首の3,000l型放水砲が正面に構えている。 砲口の奥にレンコンのようなノズルが見えた。 伸縮放水塔の5,000l型放水砲もかっこいい。 ・ ・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

風強く雲がかかる明石海峡大橋主塔

JR朝霧駅前の大蔵海岸公園。 明石海峡が目の前。 強い風が吹き、白い波がたつ。 陽射しが強く肌がじりじり焼ける感じがするのに雲が多い。 明石海峡大橋は時々雲がかかったように、高い主塔が霞んだ。 ・・・明石海峡を見る少女、二人?・・・ ・・・霞む明石海峡大橋主塔・・・ ・・・明石海峡大橋をくぐるコンテナ船・・・ ・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

首を長ーくして明石海峡

明石海峡、大蔵海岸で潮風に吹かれている。 淡路島が近い。 首を長くして、何かを待っているのか? 今日も明石海峡は多くの船が行き交う。 ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

潮干狩りの海岸

今日は雨にもかかわらず潮干狩り客がたくさん。 遠浅の海にじゃぶじゃぶ入っていく。 水はぬるかった。 ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

相生湾に響く太鼓

相生の道の駅、「あいおい白龍城」でぶらぶらしていると、遠くから太鼓の音が聞こえる。 音の方をよく見ると、ペーロン競漕をやっているようだ。 陽に輝く海の上から、熱さが伝わってくる。 ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明石の松江海岸で波の音を聞く

明石の播磨灘に面する松江海岸の砂浜を歩いた。 山陽電鉄の林崎松江海岸駅から近い。 今日の淡路島は、一定の高さから半分上が霞んでいた。 海はおだやかで、砂浜によせる波がやさしい。 浜に咲く花と一緒に波の音を聞いた。 ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

淡路島へ出港する船を見送る

「おい、地震大丈夫やったか?」 接岸した船から下りる人へ太いおっさんの声が飛ぶ。 ここは淡路島と明石を結ぶ高速船、ジェノバラインの明石港乗り場。 「まりーんふらわあ2」が接岸している。 船に乗りたい気分だったが、時間が無いのであきらめる。 淡路島へ向けて出港する「まりーんふらわあ2」を見送った。 すぐ近くには廃止…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白波立つ明石海峡

今日は気温が上がり、寒さを感じなかったが風が吹いた。 明石港旧灯台近くの防波堤に上がると、時々真っ直ぐ立っていられないほどの風を体が受けた。 今日の明石海峡は少々荒れている。 高い波ではないが、テトラポッドに打ちつけた波がくだけて霧のようになる。 強い風と共に顔に吹き付けるミストが気持ちよく感じた。 トンビだろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more