テーマ:

滝裏の洞窟

香美町小代(おじろ)。 小代といえば「黒毛和牛のふるさと」といわれるところ。 ここに「吉滝」という滝がある。 吉滝は兵庫県の文化財に指定されている。 滝の背後に洞窟があって、裏側から滝を見ることができる。 裏から見られるので裏見の滝ともいわれる。 町の猛暑を忘れさせる天然の涼しさを感じる。 滝裏から見える山の緑も別の世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河原田不動滝でカエルに助けられる

兵庫県宍粟市一宮町河原田。 一宮町といえば播磨国一之宮伊和神社があるが、そこからさらに北へ10kmほどのところにある河原田不動滝。 駐車場から5分ほど山に入ったところに滝が見えた。 苔の緑の中を段々に流れ落ちる。 これは一の滝。 この上にも滝があるらしく、さらに山に入ろうとしたら・・・ 体長20cmほどの大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆坂の滝を見に行く

兵庫県赤穂郡上郡町旭日甲。 上郡町役場前から県道451号線(西新宿上郡線)を5.5kmほど北上して、石戸という集落を西に入っておよそ1kmのところ。 道路から200mほど山に入ると小皆坂の滝神社がある。 神社まではかなり足下が悪く、ここまで何度も崖を滑り落ちそうになりながらたどりついた。 崖の下はあまり深くないが落ちるとやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曇り滝(淡河町)

神戸市北区淡河町の「曇り滝」を見てきた。 淡河は「おうご」と読む。 県道38号線沿いの淡河川。 神戸三宮から北北西に15kmほどの内陸だけど、ここも神戸市。 県道に近いわりには、かなりわかりにくい場所にある。 淡河川は蛇行しているのでここでは南から北に向かって流れる。 滝は川の右岸(東側)にある神社「瀧宮社」からフェンス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神鍋渓谷公園二ツ滝

兵庫県豊岡市日高町の神鍋渓谷公園。 一ツ滝のさらに上流にあるのが二ツ滝。 河原に設置されたベンチとテーブルは緑色。 緑の正体は苔。 テーブルもベンチもフワフワの苔で覆われていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一ツ滝(神鍋渓谷公園)

兵庫県豊岡市日高町万劫。 JR江原駅の東北東約12kmのところ。 稲葉川の上流にある神鍋渓谷公園。 岩で砕け散る水も木々の緑も、夏の日を浴びて輝いていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

段の白滝

連日の猛暑、涼しげな滝を訪れる、 JR豊岡駅の東、直線で8.3kmのところ。豊岡市竹野町段。 国道178号線の森本から県道1号線を南下する。 途中道標に沿って分かれ道。 道路沿いに「町指定文化財 段の白滝と河床」の表示あり。 緑の中に入っていくと沢の奥に滝。 鮮やかな緑の森から流れ落ちてくる滝をしばらく眺めている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清流に木漏れ日

兵庫県宍粟市、千種川の上流、千種町河内。 ここは三室の滝。 滝口の清流には緑に覆われた天井から木漏れ日が降っていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音水渓谷で緑に囲まれる

波賀町引原ダムの音水湖下流、引原川に合流する音水川を上流に遡ったところが音水渓谷。 引原川から1.6kmほど上流のところに明神滝がある。 緑の中を2方向から落ちる。 音水渓谷は緑が美しい。 わずかな時間だったが静かな緑に包まれると心も静かになるように感じた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなで日光浴

朝来市生野町から姫路市内を流れ播磨灘に注ぐ二級河川の市川。 河口に近い永世橋付近では河川敷の幅が200mほどになる。 青空の下、河原をゆっくり歩いた。 中央の構造物は市川潮止堰。 気温が低いが対岸には暖かい太陽。 鴨が太陽に向かってみんなで日光浴。 一羽だけ視線を感じた? 元気よく飛び立っていった。 ・ ・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保津川下りを上から眺める

8月13日嵐山高雄パークウェイの続き。 パークウェイの途中に「保津峡展望台」がある。 ここでは保津川下りでおなじみの保津峡を上から眺める事ができる。 保津峡を流れる保津川は本名を桂川といって、西南からの流れはこの付近で南へ折り返す。 正面には嵯峨野観光線のトロッコ保津峡駅が見えた。 駅を眺めていたら保津川下りの舟が来た。 水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大量のアメンボ

東条川のミニチュア日本列島を見ていたら、関門海峡に小さな波紋がたくさん。 波紋をつくっているのはアメンボ、アメンボ、アメンボだらけ。 そして北海道網走沖にも・・・ 大量のアメンボが。 夏休みの海水浴場に押しかける人の群れにも似たような気もした。 あまり多すぎると気持ち悪い。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東条川の日本列島

東条川沿いを車で走っていると、 「そういえばこの辺りに日本列島があったはず」とかすかな記憶を思い出した。 東条川は加東市に流れる加古川水系の支流。 記憶のとおり、東条グラウンド前に全長40mほどの日本列島があった。 コンクリートのベースに花崗岩を敷き詰めたミニチュアの日本列島が東条川に浮かんでいる。 左岸から沿って作られいるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山上川の透き通る水

奈良県天川村。 面不動鍾乳洞がある洞川を流れるのは山上川。 持影橋(もちげはし)から川面を覗くと・・・ 川底がきれいに見える透き通った水。 たくさんの魚が泳ぐ。 こんなにきれいな川を見たのは久しぶり。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅花藻揺れる小川

先日立ち寄った丹波市青垣町桧倉。 道ばたに「バイカモ群生地」の文字を発見。 駐車場まで用意されていたのでちょっと寄り道。 清水川の透き通った水に梅花藻がゆらゆら揺れていた。 ちらほら白く小さな花も見えた。 素敵な寄り道になった。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甌穴の回転水流

姫路市林田川水系の鹿ヶ壺。 そのたくさんある甌穴の一つ。 甌穴の中でぐるぐる回る水流が見えた。 この水流の中で小石などが数万年から数十万年かけて削り磨いてこの大きさの穴になったのか。 今もこの硬い岩を削り続けている。 ただ自分が死ぬまで見ていても穴の大きさに変化は見つけられないだろう。 5万年くらい経てばもっと大きくなってる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉川町黒滝を訪ねる

兵庫県三木市吉川町。 中国自動車道吉川IC近くにある「山田錦の館」から県道を西へ850mほどのところ。 美嚢川にかかる若宮橋に小さな案内看板が見えた。 「黒滝 階段を降りて150m先」 案内通りに歩くと、低い落差ながら幅広の滝があった。 大人の身長2人分くらいの高さがある平たい岩から流れ落ちる。 解説板によると高さ4m幅30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

觜崎屏風岩に登る

新宮町觜崎の屏風岩に登ってきた。 揖保川に架かる觜崎橋から上流を見る。 正面を走る列車はJR姫新線。 その奥に見える山に国指定天然記念物の屏風岩がある。 山の中腹まで来たところで揖保川を渡る姫新線を眺める。 橋の少し奥に「寝釈迦の渡し」跡。 さらに登ると屏風岩に到着。 あの岩のてっぺんに登ってみる。 すぐ横の揖保川を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

有馬温泉鼓ヶ滝

六甲有馬ロープウェーの有馬温泉駅すぐ下にある滝。 鼓ヶ滝という。 滝までは公園で整備されていて行きやすく、手軽に滝見を楽しめる。 滝の脇には滝見茶屋もある。 暑い日も透き通った水を見ていると涼しさを感じられる。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路外堀川に白い花がゆらゆら

お昼休みに姫路駅付近を歩いていた。 新幹線高架下南側を流れる外堀川に小さな白い花がゆらゆらしている。 これはオオカナダモかな? こんなかわいい花があるときれいな川のように見えてしまう。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やさしく流れ落ちる千畳の滝

三ヶ谷の滝から渓流沿いに緑の中を歩いて35分ほど。 整備された遊歩道をかなり上ってきた。 「滝の見学は自己の責任で安全確保を」という注意書きがある。 なるほど、渓流脇からは滝全体を見るのは難しい。 渓流に入らないと滝が見えないので、あのような注意書きがされていたのだ。 滝はゆるやかなS字を描いてやさしく流れ落ちる。 ここ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

緑の中で暑さ忘れる

三ヶ谷の滝からの続き。 少し引き返して分かれ道に「千畳の滝0.7km約35分」と道しるべ。 いきなり急な登り道が目前に。 これを登ると一気に三ヶ谷の滝の上に。 ここから千畳の滝を目指す。 道標に沿って歩くと渓流沿いの緑に包まれる。 写真を撮りながらゆっくり歩いて30分。 千畳の滝はまだ現れないが、水の流れと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古いプレートガーダー橋の下で

川の堤防に直接乗ってしまってるような古いプレートガーダ橋。 ガーダ上は枕木とレール。 雨が降ってきたが、これでは雨宿りにもならない。 だが堤防脇から桁の内側を眺めるのはなんだかワクワクする。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水が踊る、水量が多い鹿ヶ壺

姫路市の北部、安富町にある鹿ヶ壺をたずねた。 階段状の滝が連続して、それらの滝壺が数多くの甌穴となっている。 今日は雨の後で水量が多く豪快に流れていた。 緑が美しい上流から下りていく。 大きな甌穴がある「鹿ヶ壺」。 甌穴は水流で小石などがクルクルまわって岩盤を削ってできた丸い穴。 これだけ大きな丸い穴ができるまでどれくらい長…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワンちゃんもあがれない深い谷

神戸を流れる石井川。 こんな風景のところから500mも下ればもう市街地。 コンクリートの川になる。 石井橋辺りから河原に降りる階段があって、コンクリートの河原を歩くことができる。 5月21日にこの石井川から新湊川を歩いてみた。 神戸の川は山から海が短く雨が降ればあっという間に増水する。 この日は平野も上流の山も快晴だったので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

緑の中の水路橋

神戸の烏原貯水池、立ヶ畑堰堤のすぐ下流。 石井川に架かる水路橋を見た。 緑に埋もれるようにアーチの橋が見える。 立ヶ畑ダム他諸施設とともに平成20年度近代化産業遺産。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明治のポニーワーレントラス鉄道橋(神鉄粟生線加古川橋梁)

播磨中央公園で歩道橋として生まれ変わった明治時代の鉄道橋トラスを見た私は、次の日その移設元の神戸電鉄粟生線加古川橋梁を訪ねた。 場所はわかりやすい。 神戸電鉄粟生線は粟生駅と葉多駅の中間で加古川を渡る。 加古川の河口から22km、万願寺川が合流する付近から橋がよく見える。 また右岸の堤防は橋の桁付近まで歩いて行ける。 時々…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

渓流をイメージして涼む?

朝から蒸し暑い。 先日歩いた渓流の空気が気持ちよかった。 人工物の滝も周囲の緑に助けられて悪くない風景か。 爽やかな流れを思い出しながらイメージで涼めるかな? ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more