テーマ:鉄道

ローカル線で

仕事で少し遠方へ。 夜時間ができたので、特に用事もないのにその土地のローカル電車に乗ってみる。 適当に小さな駅のホームで電車を待つ。 なかなかおもしろい路線なのだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケーブルカーの分岐を見る

生駒ケーブル(近鉄生駒鋼索線)の乗ってきた。 写真は山上線の中間地点。 山上線の車両は「ドレミ」と「スイート」の2両が交互に走行する。 今「スイート」に乗って上っているところで、前方から「ドレミ」が下ってくる。 この分岐で2両の行き違いが行われるのだが、分岐するところが通常の鉄道とは構造が違う。 外側のレールにまったく切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵯越のS字カーブ

神戸電鉄有馬線の鵯越駅。降りたホームから三田方面を見る。「下り」だけど勾配は急坂の登り。 S字カーブがきれいに見えた。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急六甲の赤レンガ変電所

阪急神戸線六甲駅の山手を歩いていると、赤レンガの建物が目に入った。 手前の白い建物は美容院。 その奥にある赤レンガは何だろう。。。 変電所だった。 100年近く経っても現役の煉瓦建築はまだたくさんあるようだ。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪堺線恵美須町で

久しぶりに阪堺線の恵美須町。 夕刻のホームがいい雰囲気。 ホームへの入口を通ると・・・ 通路両脇にいい感じのチェーンポールをみつけた。 古そうだけどいつ頃からあるのかな? ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きく変貌中の福崎駅

久しぶりにJR播但線福崎駅前に行くと、駅舎を含めて周辺工事中。 大きく変貌する様子に驚いた。 数年前から福崎駅周辺整備で道路が付け替えられるなど風景が徐々に変わっていたが、ここまで雰囲気が変わるとインパクトが大きい。 2年前の駅舎前はこんな感じだった。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅前だけど・・・

神戸市バスの停留所。 ここは「鵯越駅前」バス停。 ”駅前”だけど・・・ 駅はかなり下にある。 この辺りではこの程度の高低差は普通のようだ。 神戸電鉄沿線の駅前は険しいところが多い。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗務中しんちゃんの後ろ姿

神戸電鉄のマスコット「しんちゃん」。 今日も元気に乗務中。 後ろ姿もかわいい。 揺れても倒れないのは、座布団とお尻がくっついてるからなのか? ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の切符の正体

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。 だんだん投稿回数が減ってきているこのブログですが、 今年もマイペースで続けていこうと思っています。 さて、年末年始の帰省で見つけた謎の切符。 地模様と日付印字から昭和57年1月30日の国鉄切符だと判るが区間の印字が消えてしまっている。 しかしよく見ると印刷の跡がうっすらと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミステリー切符(国鉄)

年末で帰省中。 小物入れをふと見ると古そうな鉄道切符があった。。 部屋の隅から出てきたらしい。 昭和57年1月30日の日付と番号があるが、行き先表示が消えてしまっている。 インクが悪かったか? 入鋏済みだがどの区間でなぜここにあるのかミステリー。 地模様は国鉄のようだ。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅のあしなが自分

日が傾くのが早くなった。 影になった自分の脚が長い。 撮影時刻は15時43分。 ここはJR加古川線「日本へそ公園駅」。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧赤穂鉄道坂越駅跡

赤穂の坂越をぶらぶら。 JR赤穂線坂越駅の北西側道路沿い。 市内循環バス「ゆらのすけ」の浜市バス停。 ここから北東へ100mほどのところに旧赤穂鉄道の坂越駅跡がある。 ここに駅があったことを示す木柱があるが、駅の面影は何も無かった。 赤穂鉄道は有年から播州赤穂まで走っていた鉄道で、大正10年に開業し昭和26年に国鉄赤穂線開業と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

展望台の柱は鉄道レールだった

2週間ぶりの更新。ちょっと放置しすぎだな。 ・・・ さて、お盆はお休みを頂き帰省してドライブ三昧だった。 8月13日は嵐山高雄パークウェイ。 京都市右京区の嵐山付近の山を走る。 パークウェイにはいくつか展望台がある。 ここは菖蒲ヶ丘展望台。 いつ頃からかいろんな所で見かける「幸せの鐘と愛の鍵」なるモニュメントが設置されてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西日当たる錦織(KEIHAN)

4月に撮った写真があった。 西日が当たる踏切は錦織(にしこおり)踏切。 京阪電車近江神宮前駅に隣接する。 ここから写真正面、東に1kmほどのところは琵琶湖。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窓を開けて走る新快速

昨日乗ったJR山陽本線の新快速。 最後尾の車両に乗り込んだが、車内が蒸し暑かった。 「冷房を弱めにしてるのかな?」と思っていたら、しばらくして車内アナウンスが。 「最後尾車両のみ空調が故障しているため車内温度が高くなっています・・・」。 な~んだ、故障か・・・。 我慢できない暑さでもないのでそのまま乗っていたら、車掌さんが窓を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

錆びたレールに花が咲く(別所ゆめ街道)

旧三木鉄道の別所駅跡へ久しぶりに立ち寄る。 駅舎は改築されて遊歩道の休憩所になっている。 ホーム前に残されたレールで花が咲く。 バラストの上に立つと鉄路の匂いがした。 遊歩道脇には前に来た時には無かった案内板があった。 廃止後整備が進められていた三木鉄道跡の遊歩道が、このほど「別所ゆめ街道」として整備完了したそうだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

列車のような美術館

JR加古川線の日本へそ公園駅。 隣接して建つ美術館は岡之山美術館。 メインの建物は3つのギャラリーを一直線に並べた細長い構造。 各ギャラリーは”連結部デッキ”と呼ばれる空間でつながれているので3両編成の列車のようだ。 エントランス部を含めると4両編成かな? ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行先表示器とシャッター速度

浜寺駅前停車中の阪堺電車のモ601形606。 電光表示の行先表示器を撮影すると、このように時々ラインが抜けて写ることがある。 これはダイナミック点灯で表示器が駆動されているためで、文字を常時点灯させているのではなく各ラインを順次高速で点灯消灯させているのだ。 人の目で見ると残像で文字に見えるが、全部のラインを表示する時間より短い時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次々電車が来る、阪堺電車浜寺駅前

阪堺電車の浜寺駅前停留場。 年始に訪れるとオレンジ色のモ501が停車していた。 自動販売機が並んでいるところは昔切符売り場の窓口があったと記憶している。 切符を買わずに乗車すると、車内で車掌が「車内補充券」というものを発行してくれた。 これは私が小学生時代の車内補充券で1970年代のものだと思われる。 ワンマンカーになってもう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

曳家で移動された浜寺公園駅舎を見に行く

久しぶりに浜寺公園駅(南海本線)へ行った。 45年も前の幼少期から馴染みがあった駅前の風景はすっかり変わってしまった。 明治建築の旧駅舎は高架工事に伴う保存のため、曳家工事で移動したばかりの状態だった。 まだ基礎の上に乗っただけで、「地に足が付いていない」といった雰囲気だ。 駅舎右側の旧一等待合室の下部に煉瓦の構造物が見えた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三木城跡への階段

三木市ナメラ商店街の東端入口。 神戸電鉄粟生線の脇に三木城跡へ登る階段がある。 稲荷神社の石段を登るのもいいが、この階段のほうが眺めが良い。 三木上の丸駅に到着した電車は新開地行き準急。 「ジョイフル有馬」のヘッドマークがついていた。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙法寺のトンネルドーム

最近薬の副作用もあって、頻繁におしっこが出てその分たくさん水分を摂るという習慣になっている。 体の要求にまかせて水分を多量に摂っているとトイレが近くて困るのだ。 一昨日も神戸の須磨辺りを車で走っていると我慢ならない尿意が・・・。 急遽立ち寄ったところが神戸市営地下鉄妙法寺駅前のショッピングセンター「リファーレ横尾」。 駅前に立つ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

摩耶ケーブルの駅

先日摩耶山の麓、摩耶ケーブル駅に立ち寄ったが時間に余裕が無かったので乗らなかった。 一度山上まで行ってみたいのだけれど・・・ ・ 山頂駅からの山あるき西日本 ロープウェイ、ケーブルカー、リフト、バスで登る山 (大人の遠足book) ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸医療産業都市を走るポートライナー

神戸ポートアイランド第2期(南部)に神戸医療産業都市のエリアがある。 医療関連の施設が集中していて、その中心部をポートライナーが走る。 ここは中央市民病院前。 医療センター駅を出発した車両が前を走り抜ける。 ポートライナーの軌道を挟んで反対側。 手前からIMDA(国際医療開発センター)、ICCRC(国際がん医療・研究センター)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濁流の美嚢川橋梁を渡る神戸電鉄粟生線1100形

台風22号の影響で降る雨。 三木市を流れる美嚢川は濁流になっていた。 神戸電鉄粟生線1100形電車が美嚢川橋梁を渡っていく。 美嚢川橋梁はコンクリートガーダー+上路プレートガーダー+下路プレートガーダーの組み合わせで構成されている。 コンクリートガーダー・上路プレートガーダー・下路プレートガーダー、3種類の桁を2000系電車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早っ!

新幹線トンネル出口。 ”ゴォォォー”と唸る音が聞こえたかとおもうと先頭車両が飛び出してきた。 早っ! ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらとみずほのテール

今日18時52分、新大阪駅新幹線ホーム。 左20番線にさくら、右21番線にみずほ。 共に鹿児島中央行き。 先にみずほが出発していく。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸新交通ポートライナー軌道分岐装置の動作

世界初の実用的な自動無人運転システムとして1981年に登場した神戸新交通ポートライナー。 ポートライナーは軌道案内方式として両側案内方式を採用するが、5年前の分岐装置に関する記事に最近閲覧頂いた方からコメントで「両側案内方式は日本でここだけ」と教えて頂いた。 5年ぶりにもう一度その分岐装置を見てきた。 浮沈式で上下に可動する案内板…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陽塩屋で降りてみた

「三宮・姫路 1dayチケット」を買って、目的地も無く姫路から山陽電車に乗った。 1400円で姫路-三宮間乗り放題というお得なチケット。 区間内なら1日中どこで降りてもどこから乗っても自由。 とりあえず須磨で降りて板宿まで歩いた。 須磨寺公園や妙法寺川公園などを経由しておよそ3.6km。 ただ歩いただけのようになって疲れたので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more