テーマ:

立雲峡で緑に囲まれる

7月末のこと。 下品な言葉遣いだが、「このクソ暑いのに」・・・、 真昼に朝来山中腹の立雲峡に登ってきた。 立雲峡は竹田城跡の展望スポット。 竜神の滝を目指していたら、いつの間にか通り越して「おおなる池」まで行ってしまった。 標高400mちょっとだろうか。 麓に戻った時は汗だくになっていた。 それもそのはず、アメダスによると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あ、梅が咲いている

奥須磨公園を歩くと、通り過ぎた木の枝に何か白いものがあったような気がした。 振り返ると梅が花を咲かせていた。 今日は暖かだったが風が強かった。 各地で春一番が吹いたとか。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫の手みたいなニョキ!

落ち葉が覆う地面から猫の手みたいなものがニョキっと出ている。 これだけ見るとちょっと気味が悪いが、この周辺にはこんなものがたくさん地面からニョキニョキしているのだ。 ここは神戸市須磨区の奥須磨公園。 多井畑厄除八幡宮に近いところの小川沿いにたくさん見られる。 このニョキニョキしたものは、ラクウショウという木の根が出てきたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森のコンサート

ガラスの向こうで演奏会。 三木山森林公園の音楽ホールは森が見えるガラス張り。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見られてる

今年は気象条件が良くないせいか、きれいな紅葉を見ていない。 三木市内に行ったついでに三木山森林公園に立ち寄って見た。 部分的に見ると美しい紅葉が見られたが、全体に見るともみじ谷などもあまりきれいには見えなかった。 だが今日はあまり寒さを感じられず、山の散策路は心地よかった。 やわらかい落ち葉を踏みながら歩いていると、林の中からな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まだ緑

暖かい日が続いたせいか、里山のもみじはまだ緑。 福崎町民俗の森にて。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挟まる

駅のホーム。 この隙間は狭すぎるが、こうなったら鉄骨が頼り。 なるようになる・・・しかないようだ。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

流れる水とアジサイ

今年はきれいなアジサイを見る機会が多いように思う。 用水路脇で水面におりるようにアジサイが咲いていた。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木の枝に白いフワフワ

湿地に立つ木に白いフワフワ 木の実じゃなくて・・・モリアオガエルのたまご。 モリアオガエルは水面上の木に卵を産む。 オタマジャクシはふ化すると雨でフワフワが溶けて水面に落下するそうだ。 ふ化する前は雨が降っても溶けないのかな? ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

切り株で一休み

森の切り株に苔が生える。 あれ?何かいる・・・。 木の色に溶け込んでいるつもりか。 見つかっていないはず・・・と思っているのだろうか。 そういうことにしておいてやろう。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロコロの根

幹なのか根なのか・・・。 コロコロの塊になっている。 どうなっているのか・・・。 大蛇が何かをのみ込もうとしているようにも見えた。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千年の貫禄

宍粟市山崎町の大歳神社にある千年藤。 毎年開花時期を見逃していたが、今日初めて見に行った。 花は見頃のピークを過ぎて少々弱っていたが、大きな幹と境内に広がる藤棚は見応えがあった。 天徳四年に植えられたと伝えられているそうだ。 天徳四年というと今から1055年前になるらしい。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

切り株のまつぼっくり

公園の林の中。 切り株の上に松ぼっくりが集められていた。 見上げると・・・ 松の枝に松ぼっくり鈴なり。 落ちてきて頭直撃したら痛いだろうな。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日岡山公園で梅の花

今日は日差しもあって少し穏やかな天気になった。 加古川市の日岡山公園を歩いていると、梅の枝にちらほら花が見えた。 明後日にはまた寒くなるらしい。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

頭が串刺し?これって、はやにえ?

低木の茂みに、昆虫の死骸らしき物が不自然にひっかかっている。 どうなっているのかわかりにくいが、細い小枝で串刺しにされ、さらに折れた枝に突き刺さっているように見える。 鳥のモズなどは獲物を枝などに突き刺す習性があってそれを「はやにえ」というそうだが、これはもしかしてその「はやにえ」なのか? ホラーっぽい光景だな。 ・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

保存樹ムクノキのシルエット

姫路城北西、清水門跡横の土塁上に大きなムクノキがある。 夕方、葉を落としたたくさんの枝がきれいなシルエットをつくっていた。 暖かくなればまた緑の葉をたくさんつけるだろう。 2011年にこの木の緑いっぱいの写真を撮っていた。 (2011年6月26日の記事) ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これで最後

明石駅前の明石公園を歩いていると、最後の一枚になった葉がぶらさがる木を見つけた。 地面に近い枝にひとつ。 よく見るとボロボロだけど、最後までがんばっている。 昨日は二十四節気で「大雪」にあたっていたそうだ。 冬だなあ。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチョウがカエデを飾っていた

秋の色をさがしに加古川の日岡山公園へ。 公園南東部を歩くときれいな紅葉が見られた。 小径にたくさん葉を落としているイチョウの隣には真っ赤なカエデ。 紅いカエデにイチョウの葉が降りそそいで色を添えていた。 イチョウがいっぱい隠れているのがわかるかな? イチョウは自分の足元も黄色い葉を敷き詰めて飾っていた。 今日はカメラを持…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柿食えば・・・

石の宝殿の生石神社(おうしこじんじゃ)。 落ち葉が積もる正面の石段を歩くと、べっとりしたものが落ちている。 見上げるとそこには柿の木。 野鳥が柿の実に頭をつっこんでいた。 散らかしているのは君だな。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

松にすずなり

久しぶりに公園の松の木を見たら、松ぼっくりがすずなり。 松ぼっくりって、こんなにたくさん付くんだね。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蜘蛛に捕まっちゃったタコ

蜘蛛に捕らわれてしまったタコを見つけた。 全身蜘蛛の糸まみれになってしまっている。 なんとなく悲しそうな顔に見えるのだ。 ・・・えっ?タコじゃない? じゃあ何なんだ?? 仲間がたくさんいた。 木にぶらさがって・・・ ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

700年そこにいる

姫路書写山の大スギを近くで見た。 姫路市の保存樹として指定されている。 樹齢約700年という。 そうか、700年そこにいるのか。 あと300年いれば、千年だぞ。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やさしく鮮やかな緑に包まれる

鮮やかな緑色を放ちながら、やわらかな木漏れ日をつくる。 やさしい緑に包まれると心地よい。 森の木も緑のベールに包まれていた。 西脇、西林寺にて。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more