HDDをSSD(WD BLUE)に換装で「速っ!」

8年ほど前に組み立てたパソコン。
Windows10の起動やアプリケーションの起動に時間がかかるなどの不満があったので、システムドライブをHDDからSSDに換えてみた。
20180721pc01Western Digital WD BLUE SATA SSD。
元のHDDが500GBなので同じ容量にした。
20180721pc02SATA 3.0 6Gb/sの空きポートに接続仮設置してドライブのクローンを作る。
ウェスタンデジタルのWEBサイトから「Acronis True Image WD Edition」をダウンロードして使える。
これはWDのドライブが接続されているシステムだけインストールできる。
20180721pc03ディスクのクローン作成ウィザードを使うと簡単にクローンディスクを作成できた。
ちょっと苦労するかもと思っていたが、何の引っかかりも無くスムーズに終わった。
500GBディスクでクローン作成にかかった時間は1時間ほど。
BIOSの設定など基本的な知識は必要だが、ほとんど何も考えずにできてしまうのはうれしい。
20180721pc04ついでに埃だらけの内部清掃とケーブル類の整理をした。
SSDへの換装は簡単だったが、掃除が大変で汗だくになってしまった。

ところで換装の感想だが・・・
OSの起動が劇的に速くなった。
重いアプリケーションもストレス無く動く。
特にブルーレイディスク再生ソフトの「EnjoyBlu-ray」は今までの遅さは何だったのかと思うほど快適に動く。
HDDがこんなに足を引っ張っていたのかとつくづく感じた。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック