スマホ用外部キーボードは有線もいいかも

ソフトキーボードや手書き入力など、スマートフォンの文字入力も使い慣れるとそこそこいいのだが、長いメールを打つときはやはり疲れる。
そういうときにはタッチではなくて、実体がある外部キーボードが欲しくなる。

スマートフォン用の外部キーボードと言えば、すぐ思い浮かぶのがBluetoothによる無線で、スマホと同じくらいの大きさの超小型でシンプルなものから、折りたたみタイプなどいろいろある。
そういうわけで、いろいろ携帯用のキーボードなどを探してみるのだけれども、なかなかどれがいいのか判らない。
で、探しているうちにふとおもう。
「別に大きさを気にしなかったら、無線じゃ無くてもいいよな」・・・

USBホスト機能を有するスマートフォンやタブレットPCでは、USBでキーボードやマウスが使える。
だからわざわざ新しいものを買わなくても、手持ちのキーボードでもいいのだ。
ということで早速使ってみた。

私が使っているスマートフォンはArrows X F-10D。
Android 4.0でUSBホスト機能がある。
USBポートはmicroBなので、これに通常のUSBキーボードをつなぐときは変換アダプタが必要になる。
USBmicroB変換アダプタ
とりあえずこんなものを買ってきた。
USB microBをUSB TypeA(メス)に変換してくれる、iBUFFALO USB microB変換アダプター(BSMPC11C01BK)。

これに何年も前に買ったオウルテックのスーパーミニキーボード(OWL-KB84U/P)をつないでみる。
Windows PC用のコンパクトキーボードで、この機種は旧機種でもう販売されていないが、小さいのに機能がいっぱい。
現在は別の機種が販売されている。
F-10DにUSBキーボード
変換アダプタを介してキーボードをつなぐと簡単に認識された。

早速打ってみる。
画像
文字入力の部分にカーソルを移動すると、最初はこのように通常のNX!Input入力画面なのだが、キーボードから何か入力があるとパッドが消える。
画像
画面が広く使えてとても快適に文字入力ができる。

普通のWindows PC用の日本語キーボード。
F-10D側は「本体設定」-「言語と入力」-「外付けキーボード設定」を「106/109キーボード(日本語キーボード)」に設定しておく。
記号入力やカーソルも含めて問題なく使えそうだ。
日本語(全角/半角)切替は[漢字]キーは使えなくて、[ALT]+[スペース]で切り替える。
[Ctrl]キーは使えないようだ。
[Shift]+カーソルで文字範囲指定ができたので、[Clrl]+cとか[Clrl]+vとかやってみたけどコピー貼り付けはできなかった。
コピー・貼り付けは範囲選択までやって画面タッチすればできた。
[DEL]キーもきかなかったがバックスペースは問題ない。
ここまで使えればいいだろう。

ついでにこの部分の付加機能キーも試してみた。
画像
ホーム・メール・音量などのボタン。
ホームはそのままF-10Dのホームキーとして効く。
メールはメールアプリが起動する。
音量の増減はそのまま音量増減キーとして機能する。
プレイはオーディオプレイヤーが起動して音楽が鳴った。
その他は何も変化が無かった。

スマートフォンの外付けキーボードはBluetoothが主流で、無線のほうが便利だとはおもうが、USBを使った有線も結構使えていいかもしれないのだ。
いちいちアダプタを介して接続しなければいけなかったり、キーボードに邪魔なコードが付いていたりという欠点はあるが、ペアリングを気にしなくてもいいしキーボードに電池もいらない。
私はしばらくUSBで使ってみようとおもう。



■■■オウルテックダイレクト■■■



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年01月26日 10:31
昨日、仕事の帰りに本屋に寄ったら、NHKからスマホの使い方のテキストが出てました。対象はやはり高齢者向けの様です。思わず買おうかしら?と思いましたが、当分スマホ買う予定ないのでやめました
2013年01月26日 11:16
たぁくんママ さん>
スマートフォンを使うようになって、パソコンを持ち出す頻度が極端に減りました。
普段しょっちゅうパソコンを持ち出していたので、パソコンの代わりです。
通話は月に1回使うか使わないかくらいなので、私のような人には向いているツールですね。

この記事へのトラックバック