手柄山交流ステーションで姫路モノレールを見てきた

4月29日にオープンした姫路手柄山交流ステーション。
オープン4日目で見に行ってきた。
施設の様子は各方面の記事で紹介されているのでもういいかな。
とりあえず非常ブレーキのスイッチを撮影。
深い意味は無いがとりあえず。
姫路モノレールの非常ブレーキスイッチ

非常ブレーキスイッチとドア開閉スイッチは運転席と反対側両方に設置されている。
小糸製作所製で製造年月は「40.12」。

せっかくなので運転台。
姫路モノレールの運転台


さて建物の南側出入り口を見る。
手柄山交流ステーションの南側出入り口

南側出入り口は旧手柄山駅の検修線への引き込み線があったところ。
ホーム側本線の車両出入り口と検修線への車両出入り口があった。
本線と検修線を入れ換える分岐があったところ付近には、現在モノレールの台車が展示されている。
写真正面が南側出入り口だが、左側に見えているアーチ形状の壁面は検修線の車両出入り口跡だ。
その右側にはもう少しアールが強いアーチ状のホーム側車両出入り口があった。
写真右手前に見えているのは展示されているモノレール台車の一部。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック