テーマ:古墳

明舞古墳石はどこへ?(明舞センター)

近くを通りがかったので久しぶりに明舞センターに立ち寄った。 明舞センターは神戸市と明石市にまたがる明舞団地の中心。 神戸側にかつてあった12階建ての明舞第1センタービルは消え、新しくビエラ明舞という商業施設ができていた。 ビエラ明舞は昨年2018年11月にオープンし、食品スーパーの「フレッシュバザール」や「しまむら」などが入っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青空と古墳

多可町の東山古墳群に立ち寄った。 古墳群のなかで最大規模の東山1号墳。 直径30m高さ7mの墳丘をもつ円墳。 横穴式石室の玄室は長さ6.25m・幅2.8m・高さ3.25m、 石室の全長は12.5m以上ということで石室空間は兵庫県内最大級という。 石室内部には通常入れないが羨道の入口から内部の様子を見ることができる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

海が見えない狩口台きつね塚古墳

大歳山遺跡公園から南西へ直線距離で500m。 海岸線から250mほどのところにある丘陵地に「きつね塚緑地」がある。 住宅地のまん中で丘陵地斜面の際にある広場。 中央には円形の小山がある。 ここは狩口台きつね塚古墳。 直径24mの円墳で、中央の小山はその復元墳丘。 周囲には6世紀後半のものとしては珍しいとされる二重堀があったこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西舞子駅から大歳山遺跡

山陽電車1dayチケットで電車旅。 塩屋の町を散策した後、次に降りた駅は西舞子駅。 駅から北へ直線距離で700mほどのところに大歳山遺跡公園がある。 住宅地と山田川に挟まれた小さな山。 住宅地の脇から山を登る階段がある。 階段を上りきると復元竪穴式住居と芝生広場。 南側には全長約37mの前方後円墳、大歳山2号墳の墳丘がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横穴式石室

黍田富士があるヤッホの森。 金剛山古墳群の20号墳は簡単に横穴式石室の内部が見える。 開口しているのは石室の奥側。 羨道は埋まりふさがれている。 上部の石はパズルのように組み合わさっているように見えたが、まぐさ石の場所なので割れているだけか。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤッホの森・亀岩へ行く

先日行ったヤッホの森「黍田富士」の続き。 黍田富士頂上から道標に従って南側の「亀岩展望台」へ向かう。 頂上から一旦下ってまた登る。 どんどん登っていくと、北側にさっきいた黍田富士の頂上が見えてきた。 黍田富士よりこっちのほうが高いように見える。 さらに進むと古墳がたくさん。 この森の中は古墳などの遺跡が散在する。 案内表示…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大晦日の黄金塚古墳

昨年大晦日。 帰省した際、何気なく「そういえば黄金塚は今どうなってるのだろう?」とおもい、ぶらぶら歩いて見に行った。 小学生のころは日頃の行動範囲にあって、たまに遊びに行っていた。 黄金塚は「和泉黄金塚古墳」という古墳時代前期の前方後円墳。 1950年調査の出土品は重要文化財として東京国立博物館に所蔵され、2008年に国の史跡に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古墳としまうま(松が丘古墳)

明石市と神戸市垂水区舞子にまたがる明舞団地(明石舞子団地)。 その中にある松が丘公園に古墳があるというので訪ねてみた。 古墳があるのは松が丘公園の北端入口付近。 シマウマが目印だ。 3頭のシマウマの背後に露出した横穴式石室が見える。 古墳の名前は松が丘古墳。 石室入り口には鉄の柵があって中には入れない。 松が丘古墳はこの辺…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

古代人の未来

神戸市垂水区にある五色塚古墳。 ここに来るのは何回目かな? 墳丘全長194m兵庫県下最大の前方後円墳で、造られた当時の姿として復元されている。 墳丘上からは明石海峡と淡路島がよく見える。 古代人がこの橋を見たら大興奮じゃないだろうか。 ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そこに古墳があるというので(皇塚古墳を目指して)

加西市上野町というところに石部神社(いそべじんじゃ)という神社がある。 たまたまふらりと立ち寄ると、神社前に「皇塚古墳(こうづかこふん)」の説明があった。 神社の背後にある標高149mの丘陵頂上に古墳時代後期の円墳があるという。 神社横に登り口の道標があった。 栗がたくさん落ちている山道を入って行く。 道の傾斜は特別に急でもな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛宕山古墳をたずねる

三木市別所町に愛宕山古墳という前方後円墳がある。 墳丘全長91m、古墳時代前期のものと考えられている古墳。 何年か前に気になって見に来たのだが、場所がよく分からずたどり着けなかった。 今回案内看板などが新しくなっていたので再チャレンジした。 雑草が生い茂っているが、墳丘までの見学路は一応整備されている。 後円部墳丘は古墳らしい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぶらぶら歩けば古墳にあたる

兵庫県播磨町にある大中遺跡から南東方向にぶらぶら歩いていた。 JR山陽本線の土山駅付近。 小さな池と住宅ばかりで何も面白い物がなさそうなので帰ろうとしていたとき、蓮池小学校の100m南のところで道を尋ねられた。 「蓮池小学校はどこですか?」 私は初めて歩く道だけど、自信を持って得意げに答えた。 100m先に見えている校庭を指し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑の山伏峠で石棺仏

加西市玉野町。 逆池辺りを歩いていると、歩道に小さな道案内がポツポツと立てられていた。 これはアラジンスタジアム(加西球場)前にあるもの。 「玉丘史跡公園」「いこいの村はりま」「亀山古墳」「山伏峠石仏」を案内している。 このうち山伏峠だけ行ったことが無かったので、行ってみることにした。 山伏峠に向かう道。 前方に真っ暗な穴が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出た!石のおばけ?

細い峠道に突然現れたのは、石のおばけ? 手足が出た大きな石が立っているのだが「おばけ」ではない。 反対側には仏像が彫られているのだ。 中央に半跏坐の地蔵菩薩があり、その周囲に6体の小像が彫られている。 穏やかで優しい表情が印象的。 この石仏は長持形石棺蓋石の裏側に彫刻されたもの。 平たい石の周囲にある4つの突起は縄掛け突起と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国指定の史跡になった石の宝殿

高砂市の生石神社(おうしこじんじゃ)を訪ねると、七五三詣りののぼりと共に、「祝 国指定文化財認定」というのぼりが誇らしげに立っていた。 高砂市のWEBサイトによると次のように記載されている。 # 平成26年10月6日付で文部科学大臣は「石の宝殿及び竜山石採石遺跡」を、国の史跡に指定しました。国の史跡指定は、市内で初めてのことです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

茶すり山古墳から竹田城跡を眺める

国道312号線和田山JC付近を走っていると、「茶すり山古墳」の案内標識があったので、何となく案内に沿って行ってみた。 播但連絡有料道路と北近畿豊岡自動車道の和田山ジャンクションから県道136号線を東に1.8kmのところに整備された大きな墳丘が見えた。 予想外に大きな墳丘に驚く。 それもそのはず、円墳の茶すり山古墳は直径約90m、高…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夕刻の大塚古墳

兵庫県福崎町。 稲刈りが終わった田んぼの中にぽつんと小山がある。 古墳時代後期の円墳で、大塚古墳という。 日が西の空に傾いた午後5時、畔道をこの古墳まで歩いてみた。 墳丘には稲荷社があり、北側から墳丘に上る参道が設けられている。 石室は入口が南側らしいが、北側も墳丘が削れて石室が露出している。 北側から石室内部を覗く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宮山二号墳の石室を見る

金山古墳のことを書いたついでに、同じくこの夏見てきた大岩山古墳群宮山二号墳も載せちゃおう。 こちらは滋賀県野洲市である。 大岩山古墳群の最後期に築かれたとおもわれる円墳。 かなりきれいに復元整備されている。 玄室には復元石棺があって、石室内は自由に入ることができる。 石棺は板状の花崗岩を組み合わせたもの。 墳丘は直径15m高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柵は頑丈だけど・・・

この夏に見に行った大阪府南河内郡にある金山古墳。 二つの墳丘が連なった双円墳だ。 南丘上から北丘を見る。 墓道から石室までの部分に柵が巡らせてある。 石室前には頑丈な鉄製の柵が設けられ、上部からも進入できないようになっている。 入口扉の錠には鍵がかけられ、進入防止は万全・・・のように見えるが。 じつは柵の下ががら空きで、大人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奥新田西古墳探訪

今週はじめ、山陽自動車道西行きの権現湖PAに立ち寄った。 そこで周辺の風景を眺めていたら、東南東方向に盛り土と石の構造物が見えた。 権現湖PAには何度も立ち寄っているが、これには今まで気がつかなかった。 古墳の横穴式石室に見えるが、やたらと盛り土が露出している。 気になったので後日見に行った。 場所は加古川市にある権現湖の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山之越古墳から壇場山を眺める

先日訪問した壇場山古墳。 そのすぐ近くに山之越古墳という一辺が約60mある大きな方墳がある。 壇場山から北へ100mちょっと。歩いてすぐだ。 南側私有地の駐車場に面した道路から墳丘が見えた。 この右側に細い通路があって、そこから墳丘に入ることができる。 古墳に入るところに解説立て札がある。 五世紀中頃に築かれたそうだ。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路の超低山を訪ねる(壇場山)

「グラフィックひめじ」という広報誌で姫路市の山を特集していた。 パラパラとページをめくっていたら、イラストマップの中に「壇場山/10.0m」が目にとまった。 ”10m?なんじゃこりゃ、低すぎる!” 壇場山の記事がなかったので地図で調べると、どうやら御国野国分寺にある古墳のようだ。 しかしいつも近くを通っているが、そのようなものが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

石棺が何気なくころがっている

石の宝殿がある生石神社駐車場。その横の斜面を歩いていると、子供が一人入れるほどの石の箱がころがっていた。 もしかして石棺かなと思っていると、すぐ脇に木柱標が立っていた。 「竜山一号墳石棺」とある。 やはり古墳の石棺だった。 石棺は石をくり抜いて造られている。 見た印象としては、とても小さいということだ。 内寸は長…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飛鳥の緑と空

緑が美しい明日香村で、古代からの歴史を少し感じながら夏の空を見た。 ・高松塚古墳付近から西を見る・ ・飛鳥歴史公園(高松塚地区)・ ・石舞台古墳・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

正法寺古墳公園で横穴式石室を見る

前回記事でハチとテントウムシの写真を撮っていた場所。 三木市正法寺古墳公園。 ここには6世紀中頃から7世紀前半に築造されたと考えられる横穴式石室をもつ古墳群があり、1994年に圃場整備のため発掘調査されたそうで、その後一部が古墳公園として整備されたという。 その1号墳の横穴式石室を覗いてきた。 ・1号墳墳丘・ ・1号墳石室正面…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more