テーマ:音楽

めんどくさいアナログレコード

最近レコードを聴いていて高音域の歪みが気になることがある。 特に内周部分かな? 高級な機材ではないので高望みはしないが歪みはできたら解消したい。 アナログの再生にはいろんな要素が微妙かつ複雑に関わってくるようだ。 盤面の汚れ・劣化? 針の汚れ? 針圧? トラッキングエラー? オーバーハングの調整? 針の性能? カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のレコード

今日ハードオフで見つけた中古レコード。 イタリア バロック・オーボエ協奏曲集。 あまり深く考えずにバロックのオーボエも聴きたいと軽く思って買ってきた。 早速針を下ろして聴いてみると、長年「あれは何という曲だっけ?」と気になっていた曲だった。 30年くらい前にカセットテープでよく聴いていたので主旋律は覚えているが、 その後そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドーナツ盤

いつか聴いてみようと思いながら、ずっとしまい込んだままのシングルレコードをやっと数枚出してみた。 とりあえずALMA COGANの「ポケット・トランジスター」など聴いてみる。 天使のマークのANGEL Records。 シングルのアダプターを付けてターンテーブルにセットするのは何年ぶりだろうか。 おそらく20年いや、30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近また、アナログレコード

最近またアナログレコードにハマっている。 3年間使ったレコードプレーヤーを少しだけグレードアップ。 フォノイコライザ内蔵のプリメインアンプを買ったのでそれに繋いで楽しんでいる。 盤面の埃を拭き取ったり、A面B面裏返したりいろいろ面倒だけど、 それがなぜか楽しいのだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコードプレーヤ、ターンテーブルの水平を確認する

最近もう少しいいターンテーブルが欲しいと思っているのだが・・・。 そもそも今のターンテーブルがきっちり水平に設置できてるのか気になった。 ということで確認してみた。 オーディオテクニカAT615a水準器。 調整が必要かとおもったら、きっちり水平だった。 オーディオテクニカ audio-technica 水準器 AT61…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きなレコードジャケット

このレーコードをかけるのは何年ぶりだろうか? バレエ音楽「眠りの森の美女」ハイライツとバレエ組曲「くるみ割り人形」(チャイコフスキー)。 アンセルメ指揮スイスロマンド管弦楽団の演奏。 このレコードを買ったのは40年近く前かな? おそらく中学生か高校生くらいだったような気がする。 このレコードのジャケットデザインが結構お気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食事に合う音楽?

今日も夕食時に音楽をかけてみた。 今日はレコード。 スラブ舞曲(ドヴォルザーク)全曲集LPで。 そのB面第2集Op72にしてみた。 食事中に第1集Op46はちょっと落ち着かないかなと思ったので。 これも悪くないかな。 相変わらずこたつで和食だけど・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和食にバッハ

今日は早めにゆったり夕食。 珍しく食事中に音楽などかけてみた。 4台のチェンバロのための協奏曲(バッハ)。 バロック音楽を聴きながら食事というのもいいもんだ。 こたつで和食だけど・・・(^_^)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーディオのノイズ対策にアッテネータという選択

日頃自宅での音楽観賞はONKYOのNFR-7というレシーバを使っている。 ソース入力は本体内蔵のCD/SD/チューナの他にUSB/BLUETOOTH/LINE/TAPEという外部入力がある。 そのうちLINEとTAPEといったアナログ入力にレコードプレーヤとカセットテープデッキをつないでいるのだが、 アナログ入力に切り替えると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80年代のDADへの期待

最近買ったCD。 なんとなくショスタコーヴィチの作品が聴きたくなって、ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲1番(1993年 アルゲリッチのピアノ)。 ・・・アルゲリッチってもう77歳なんだなあ・・・”光陰矢の如し”か・・・ CD(コンパクトディスク)という音楽メディアが世の中に出たのが1982年ということでもう36~7年前なのか。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

旧モデルのヘッドホンを使い続ける

ヘッドホンを部屋の窓際に置いたまま忘れていたらイヤーパッドが溶けてしまった。 今までも窓際に置くことがあったとおもうが、溶けるというのは初めて。 連日の猛暑、いったい何度になっていたのか? audio-technica アートモニターヘッドホン ATH-A500のイヤーパッドが触るとネットリ・・・。 8年以上使っているのでこれを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白いレーベル・見本盤

あれ?こんなレコード買ったっけ? カール・ベーム指揮/ロンドン交響楽団/チャイコフスキー交響曲第5番。 中身を出してみると・・・ ドイツグラモフォンで黄色いはずのレーベルが白い。 買った覚えが無いはずで「見本盤」だった。 古い記憶だが親戚の誰かにもらったような気がする。 これ以外にあと数枚あると思う。 さて見本盤とはど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコードで蘇る記憶

このレコードを聴くのは25年ぶりか・・・いや、それ以上か。 パイヤール室内管弦楽団によるヴィヴァルディの四季。 エラートレーベルの「エラート・スペシャル1000」というシリーズの1番目でレコード番号は”E-1001”。 40年近く前、中学生の私は同級生と一緒に阿倍野のアポロビルでこのレコードを買った。 1枚1000円のこのシリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード収納場所確保

先日帰省した時に持ち帰ったLPレコード。 他の物を整理して取り出しやすいところに収納場所を確保した。 元々プリンタ台兼小物などを入れる自作キャビネットをレコード用に。 アクリル板など工作の残りもの部材で扉も作ろうとしたが、蝶番の取り付けに難があって一時中断。 明日再チャレンジ・・・できるかな? ・ ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード復活

年末年始帰省したとき、長年置き去りになっていたレコードが押し入れから出てきた。 ダンボールに入れたままというのももったいないのでLPレコードだけ持ち帰った。 ドーナツ盤やソノシートは次の機会ということで。 40枚くらいかな? 整理していると懐かしい記憶がよみがえってくる。 しかしレコードはいろいろスペースがいる。 とりあえず…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more