テーマ:

夕刻の南港、出港を待つフェリー

元日夕刻の大阪南港、コスモフェリーターミナル。 フェリー「さんふらわあ・こばると」が係留されていた。 出港は日没後。明朝には九州別府に到着するそうだ。 「さんふらわあ」は神戸-大分という航路もある。 九州へ船旅というのもいいなぁと思った。 ・
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日生で瀬戸内の島々を眺める

岡山県の日生(ひなせ)。 日生湾に突き出たところに「楯越山」という標高126mの山がある。 その頂上の展望台に登ってみた。 ここは「みなとの見える丘公園」として整備されている。 その名の通り日生港がよく見える。 見えるのは港だけではない。 瀬戸内の日生諸島が一望できるのだ。 左の大きな島は鹿久居島。 右は手前から曽島、鴻…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たこフェリーの桟橋に行ってみた

明石と淡路島の岩屋を行き来していた「たこフェリー(明石淡路フェリー)」。 その明石港の乗り場を見てきた。 フェリー前交差点。 フェリー乗り場は駐車場になっていた。 明石フェリーの情報板とフェリー前の交差点名はまだ残っている。 待合所売店はバリケードで囲われていた。 「ようこそたこフェリーへ」2番可動橋から淡路島が見える。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明石で蛸壺の山を見る

玉津からずーっと海に向かっていくと漁港に行き着いた。 明石の林崎漁港だ。 蛸壺の山があった。 明石と言えば明石タイとともに明石タコが名産。 そして、あの「マルハ」(現マルハニチロ)。 1880年に中部幾次郎氏が鮮魚仲買運搬をこの林崎漁港で開始したのがマルハの創業という。 ・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more