45年前の電卓を補修する

SHARP EL-803。
1972年頃の電卓で100VACのコンセントから電源供給して動作する。
20180325el0145年ほど経った今も問題なく動作するのだが、電源コードの被覆が数カ所破れているなど傷みが激しく、漏電や感電の危険性があるのだ。
そこで電源コードの交換を行うことにした。
20180325el02本体内にトランスなどの電源回路があって、電源コードは直付けされている。
20180325el03プリント基板は片面基板。
電源線の片側は基板に手作業で半田付けされている。
20180325el04古い半田と電源線を取り除いて新しい線を半田付け。
元の物よりキレイにできたかな?
20180325el05ネズミ色の電源コードが黒い電源コードになった。
ついでに軽く清掃してエッジコネクタも磨いておいた。
20180325el06こんな古い電卓、実用に使うことなんか無いので、手間をかけて補修するのは馬鹿らしく思われるかもしれないな。
でもこれで安心して緑色の数字を眺められるのだ。







"45年前の電卓を補修する" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント