Xperia Z5 PremiumのおサイフケータイFeliCaが使えなくなったので

突然スマホの電子マネーFeliCa(NFC)が使えなくなった。
Xperia Z5 Premium(SO-03H)。
Xperia Z5 Premium(SO-03H)
コンビニでいつものように「Edyで・・・」と言ってレジ端末にタッチしたら反応なし。
しかたなく現金払い。
Edyが使えないのかXperiaが故障なのか・・・?
私のXperiaにはFeliCa(NFC)の電子マネーとして「楽天Edy」「WAON」「nanaco」とクレジットカードの「iD」が入っている。
確認のため自販機で試してみた。
するとFeliCaを使うすべての機能が使えない。
NFCの設定などは問題なし。
同じような症状の情報が無いかgoogleで検索してみたら、「裏蓋を押すと復旧する」などという情報があった。
そんなことがあるのかと思いながら試すと・・・「あたり」。

ICカードリーダーアプリ(ICカードリーダーbyマネーフォワード)でNFC機能を確認した。
このアプリはSuicaなどの電子マネー残高を読み取って表示してくれるのだ。
FeliCa(NFC)の機能確認にちょうどいい。
引き出しに眠っていたSuicaを使って試したら・・・
やはり通常は機能しなくなっているFeliCaが裏蓋を指で押さえると読み取れるようになった。
ICカードリーダーbyマネーフォワードでSuica
このSuica、残高10円。
2008年11月が最終利用なのか・・・(^_^)
その前が2005年。
超利用頻度が低いSuicaだな。。。

裏蓋を押すと使えるがしばらくするとまた使えなくなる。
どういうことだろう?
修理に出すのも面倒なので、「自分で裏蓋を開けて中を見てみよう」。
ということで防水が悪くなるなどのことは承知で開けて見た。
Xperia Z5Premium(SO-03H)バックパネル裏蓋のNFCアンテナ

Xperia Z5Premium(SO-03H)バックパネル裏蓋を開けたところ
FeliCaは13.56 MHzの周波数帯を使った電波でカードと端末間の通信をする。
そのためのNFCアンテナが必要で、Xperia Z5Premiumは裏蓋(バックパネル)にそのアンテナがある。
裏蓋と本体側の接続は差し込みコネクタなどではなくて、本体側のスプリング端子の上に裏蓋側の接点がのっているだけ。
おそらく裏蓋か本体フレームにひずみができたなどのために接点の接触が悪くなったのだろうと思う。
ビス留めなどでなく接着剤の吸着だけで接点を押さえつける応力を保つ構造には無理があるのではないだろうか?
裏蓋の接着は引っ張ろうとして、スプリング端子は突っ張ろうとしている。
ただ接着の引っ張りのほうがはるかに強力だとおもうので設計上はいいのかな?

このスプリング端子はとても小さい。
Xperia Z5Premium(SO-03H)NFCアンテナ用スプリング端子
Xperia Z5Premium(SO-03H)NFCアンテナ用スプリング端子(接写)
部品としては3mmほど。
これが2個6mmの間隔で設置されている。
Xperia Z5Premium(SO-03H)NFCアンテナ端子
NFCアンテナ側の接触面にはスプリング端子接触部分に接触痕が見える。

とりあえず接点を掃除して裏蓋バックパネルを閉めた。
閉めるときの接着には専用の接着テープを使った。


その後快適に使用中。
どこかにひずみ変形があればまた悪くなるのだろうな。
そのときはとりあえず裏を指で押さえてみようか。

裏蓋バックパネルを開いている動画はYouTubeで。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント