読めない日記

ラベルに「日記」と書いたカセットテープがある。
データカセットテープ
記録されているのは音声ではなくデータ。
ラベルの記載から、PC-1211で1982年5月2日から書き始めた日記らしい。
PC-1211というのはSHARPのポケットコンピュータ。
BASIC言語でプログラムできる電卓。
高校生のときこれでプログラムを書いて遊んでいた。
プログラムやデータはプリンタ付きテープインターフェースを介してカセットテープに記録した。
使えるデータ量はわずかで、文字は英数字しか無かったので日記と言うよりつぶやき程度のものだったのだろう。
PC-1211・SHARPのPocketComputer
購入から40年程度経過して今はもう動作しない。
ということで、この日記も読むことはできないのだ。
永遠に封印。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たぁくんママ
2020年05月22日 09:31
高校大学の頃、音楽を録音して楽しんでましたね~
20代の頃、CDも普及しだしたけど、まだ再生デッキが無いから、テープが使い良かった記憶が~
我が家にも、古いテープがありますが、再生機器が故障して、聞きようがありません。
2020年05月22日 23:17
たぁくんママ さん>
私は早い時期にCDプレーヤーを買ったのですが、車で聞くためにわざわざテープに録音してました。
今使ってるカセットテープデッキは3年前にジャンクで買ってきたものです。
引き出しにカセットテープのウォークマンが眠ってるのですが、多分もう動かないだろうなぁ。。。