風穴の前で春、つくし

神鍋高原の道の駅から北に500mちょっとのところに「風穴」という文字が見えたので立ち寄って見た。
神鍋の風穴入口
神鍋山噴火時の溶岩がつくった空洞らしい。
現在立ち入り禁止で外から覗く程度しかできない。
神鍋の風穴、溶岩洞穴
内部には照明が灯っていたが中の様子はほとんどわからなかった。
20190407gp03
帰ろうとすると、風穴前の畑の畔につくしがたくさん。
つくし土筆
道中、朝来の農産物直売所で食用のつくしが販売されていた。
つくしって食べたこと無いなあ。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2019年04月16日 11:25
以前、稲美町の畑の土手で、つくし摘みをしたことがあります。
茎の袴を取る下ごしらえが面倒で、手が黒くなります。
味は苦味があって、大人の味ですね~
パクパク食べると言うより、お酒のあてにチビチビとよく合いますよ~
私は美味しいと思いますね~
2019年04月16日 23:17
たぁくんママ さん>
やはり袴は取るんですね。
袴は見るからに固そうで、そのまま食べたらクシャクシャしそうです。

この記事へのトラックバック