Westminster風フォント

居所のエレベータが老朽化で近々更新される。
20181014ev01
そのエレベータの篭内に誇らしげ?に記された文字。
”COMPUTER CONTROL”
20181014ev02なんとなく懐かしさを感じる字体だ。
磁気インク文字認識(MICR)のE-13Bの字体を元に1960年代に考案されたというWestminsterフォントに似たフォント。
私がまだ未成年だった1970年代から80年代初めくらいで”コンピュータらしさ”を醸し出すような場面で使われていたように思う。
20181014ev03「月刊マイコン」や「マイコンBASIC Magazine」などのパソコン関連雑誌のタイトルにも似たフォントが使われていた。
マイコンBASIC Magazine(通称ベーマガ)が創刊された1982年といえば、私がパソコンやプログラミングに興味を持ち始めたころで懐かしくおもう。
このフォント、今では”先進的なコンピュータ”を連想させるのではなく、古さや懐かしさを演出する”アンティーク”になっている。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック