最重要の聖域

悪天候で加太から友ヶ島に渡れなかった8月16日。
午後から高野山に向かった。
昔と比べれば便利になったもので、午後からでも車で簡単に高野山に登ることができる。
20180816ky01この建物は壇上伽藍にある御影堂(みえどう)。
左に見える朱色の頑丈な枠で囲まれた木は「三鈷の松」。
金剛峯寺の解説によると「このお堂は高野山で最重要の聖域」という。
20180816ky02お堂の周囲には建物の形に合わせて溝が2本設けられ、外側の溝は蓋で覆われている。
20180816ky03そしてその溝蓋には等間隔にたくさんの孔があいているのだ。
20180816ky04孔の中を覗くと”ノズル”。
この溝の中にあるのは防火装置だった。
建物周囲に張り巡らされたたくさんのノズル。
落雷などによる火災が万一このお堂に迫った時、地面から一斉に水が噴出されてお堂を水のカーテンで守るというもの。
やはり「最重要」なのだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック