静かなキーボード(静音キーボード)を使ってみる

深夜にパソコンを使うことが多く、この記事も0時を過ぎて書いている。
そこで気になるのがキーボードのカチャカチャ騒音。
今までPFUのHappy Hacking Keyboard(HHKB Lite2)を使っていたのだが、使いやすい反面深夜の打鍵音が気になっていた。
HHKB Lite2はメンブレンスイッチなのでメカニカルスイッチよりは静かだと思うが、スイッチよりキートップが大きなカチャカチャ音を出しているようだ。
そこで深夜でも気兼ねなく作業できるように静音キーボードを使ってみることにした。
20180418kb03エレコムの静音キーボード(TK-FCM089SBK)。
他メーカーのパンタグラフキーボードなど色々迷ったが、店頭で触ってみて打鍵音の静かさとキー押下時の感触が自分好みだったことからこれを選んだ。
このエレコムTK-FCM089SBKはメンブレンスイッチのキーボード。
エレコムによると「キートップにラバーカップを取り付けることで、打鍵時に発生するキートップと上カバーの接触音を減少させています。」という。
実際に打鍵してみると深夜の室内で普通に作業しても気にならない静かさだ。
スペースキーなどの大型キーはアルファベットキーより少し音が出るが、気にならないレベルだ。

HHKBとTK-FCM089SBKの外観を比べてみる。
20180418kb02キーの大きさはほぼ同じ。
ファンクションキーの列がかなり小さい。

実際に打鍵しているところを動画撮影してみた。
マイクはキーボードから約30cmのところにある。
[U][I][O][P][Enter][SPACE][SPACE][H][J][K][L][Enter][SPACE][SPACE]と打っている。
初めにHHKB Lite2で続いてTK-FCM089SBKを打鍵する。
静かに打とうという意識をせずに打ってみた。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック