白いレーベル・見本盤

あれ?こんなレコード買ったっけ?
20180428lp01カール・ベーム指揮/ロンドン交響楽団/チャイコフスキー交響曲第5番。
中身を出してみると・・・
20180428lp02ドイツグラモフォンで黄色いはずのレーベルが白い。
買った覚えが無いはずで「見本盤」だった。
古い記憶だが親戚の誰かにもらったような気がする。
これ以外にあと数枚あると思う。

さて見本盤とはどういうものか。
日本レコード協会のサイトには「サンプル」「見本盤」についてこう書かれている。
# (「サンプル」、「見本盤」等の表示は)
# レコード会社がプロモーション等の目的で、試聴してもらうために「貸与」していることを表しています。
# 従って、そのサンプルCD等の所有権はレコード会社が有しているので、そのレコード会社に無断で
# 譲渡や売買することはできません。

見本盤はオークションサイトなどで堂々と売買されているのを見かけるが、本来売ったり譲渡してはいけないもののようだ。
さて、私の手元にある見本盤は現在法的に誰に所有権があるのだろうか?







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック