建物90度回転

先日訪れた篠山市立歴史美術館。
日本最古級といわれる元木造建築の裁判所。
昭和57年に曳家工法で建物の向きを90度回転させて現在の美術館になったということで、元々どういうふうに建っていたのか気になった。
そこで国土地理院の「地図・空中写真閲覧サービス」で90度回転前の空中写真を探すと、昭和50年のカラー写真があった。
20180317sa12写真上が北方向。
写真下は篠山城跡の堀。
裁判所は南北道路の突き当たりにあって正面は南を向いていた。
そして現在。
20180317sa11建物は西を向き、敷地の中央を道路が通っている。
町の様子も変化が見られる。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック