曳家で移動された浜寺公園駅舎を見に行く

久しぶりに浜寺公園駅(南海本線)へ行った。
20180102ha0245年も前の幼少期から馴染みがあった駅前の風景はすっかり変わってしまった。
20180102ha01明治建築の旧駅舎は高架工事に伴う保存のため、曳家工事で移動したばかりの状態だった。
20180102ha03まだ基礎の上に乗っただけで、「地に足が付いていない」といった雰囲気だ。
20180102ha04駅舎右側の旧一等待合室の下部に煉瓦の構造物が見えた。
見えているのは暖炉の一部だろうか?
20180102ha05これは2年ほど前の駅舎。
丸い郵便ポストは今仮駅舎前に立っている。
20180102ha06







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2018年01月07日 08:27
今はどこの駅も鉄筋の似たような建物ですよね~
私も山陽電車の明石駅やJRの東加古川や土山の木造駅舎の記憶がまだありますが、次第に薄れていくのかなぁ~
2018年01月08日 09:25
たぁくんママ さん>
昔の駅舎にはとても美しく感じる建物がありますね。
駅舎を見るとその場所の記憶がよみがえってきますが、取り壊された古い駅舎の記憶はだんだん薄れていっているように感じます。

この記事へのトラックバック