赤いエルシーメイトEL-8000A

先日関数電卓のことを書いた。
技術計算は関数電卓だが、職場でお金の計算に使っているのがこれ。
20170812cl01SHARP ELSIMATE EL-8000A。
1975年頃の製造でハンディタイプの蛍光表示器8桁電卓。
たまに計算を間違えると「電卓が悪いんじゃないか」と冗談交じりに言われるが、40年以上経っていても電卓は悪くないのだ。
20170812cl02単3乾電池4本で動作するが、ACアダプタで外部電源からも供給できる。
20170812cl03緑に光る表示器が好きだ。
右端一桁の表示器はマイナス符号とエラー表示専用。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年08月13日 07:49
若い頃、仕事でよく使ってた電卓は、四角い電池でした。
100円ショップが一般的になってから、買った電卓は電池交換はなく、計算も怪しいものがあったので、すぐに買い換えました。
電卓が調子が悪く計算ミスするなんて、とんでもない事ですよね~
2017年08月13日 08:46
たぁくんママ さん>
私も過去の記憶ですが、自宅に四角い電池(006P 9V)が入った電卓がありました。
四角い006P電池は小さいながら普通の乾電池6個分の電圧があるので、高い駆動電圧が必要だった回路に使いやすかったのかな?
今ではソーラーセルだけとかリチウム電池と併用で7年電池交換不要というものもあります。
そろばんなら電池不要ですね(^_^)

この記事へのトラックバック