明治のトンネル、煉瓦積み日本最古

雨が降る中、柏原町の国道176号線を車で走っていると、「鐘ヶ坂公園」の道標が目に入った。
気まぐれでその公園に立ち寄ると、そこに「明治のトンネル遊歩道」と書かれた小さな案内板がある。
800mほど歩くようだが、とりあえず行ってみることにした。
雨の遊歩道散策も悪くない。
緑に囲まれた遊歩道をゆっくり15分ほど歩いて小さなトンネルに到着。
鐘ヶ坂隧道入口
真っ暗な穴がぽっかりあいている。
扁額は草に覆われてほとんど見えない状態だ。
鐘ヶ坂隧道内部
内部は古びた煉瓦積み。
少し入ったところで柵があり閉鎖されている。
施錠はされていなかったので先に進もうと思えば行くことができるが、真っ暗なので照明具が無いと難しい。
今回は柵のところで引き返した。
鐘ヶ坂隧道内部
延長268m先に小さく出口の明かりが見える。
そこまでは闇が続く。

このトンネルは明治16年に完成した「鐘ヶ坂隧道」。
現存する道路トンネルとしては日本で5番目に古いそうだ。
そして煉瓦積み工法のトンネルとしては日本最古らしい。
鐘ヶ坂隧道から外を見る
外は雨。
入口付近では壁面から水がしみ出していた。
画像
緑のコケのような物がびっしり。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック