Tsu.-Morrow!

アクセスカウンタ

zoom RSS ハズレだったか?TAC440SVアルミケース

<<   作成日時 : 2017/06/26 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

仕事で使う工具カバンとしてアルミケースを買った。
トラスコ中山(TRUSCO) [TAC440SV] アルミケース 。
トラスコ中山(TRUSCO) [TAC440SV] アルミケース
本体はオールアルミ合金。
色は「シルバー」となっているが、感覚的にはパールホワイトといった感じに見える。
価格は税込み7,000円程度の中国製廉価版製品。
トラスコ・TAC440SV・蝶番
蓋の接続は長蝶番。
トラスコ・TAC440SV・内装
内装は底面全体にウレタンスポンジが敷かれその上に内装シートが貼られている。
側面もウレタンシートが貼られている。
ウレタン心材の仕切り板が2本、マジックテープ付き固定ベルト一対が備わる。
肩掛けベルトも付属し、バックルの鍵もある。
蓋接合は普通の長蝶番のため、蓋の倒れ止めは側面のステー金具を使っている。
まあ、これだけの仕様で7,000円なら安いか。
ところが、見れば見るほど残念な部分が見えてくる。
ここから先はタイトルの「ハズレだったか?」と思わせる理由だ。

全体に製造が雑なのだ。
まず内装が極めて雑だった。
この手の安い価格の工具ケースはだいたい雑なつくりだが、この製品の雑さは群を抜いている。
画像

画像
各パーツのカットが雑なので、最初から内装材がめくれていたり接着剤がはみ出ていたりしている。
画像
そんな雑な貼り合わせのため、内寸が極めていびつになってしまい、付属の仕切り板を中央部分で使おうとするとこんなに曲がってしまう。
おもわず笑ってしまった。
まあ内装は元々はがしてしまう予定だったので、あまり気にしないことにする。
画像
次は付属の鍵。
これも一見して笑ってしまった。
おもちゃレベルで、もしかしたら一度施錠したら開けられなくなるのではないかと不安になるもの。
これも元々使うつもりはなかったので気にしないことにする。
画像
次は肩掛けベルトの留め具。
かなりグラグラしていて危なくて使えない。
画像
内装材をはがしてみると、金具のネジがゆるんでいるだけではなく頭がドライバーでなめられてつぶれている。
これもベルトは元々使う気はないので気にしないことにする。
画像
次は身と蓋のかみあわせ。
ほんの少しずれている。
これは気になるが、少し力を入れると普通に閉まるのであきらめる。

その他、表面の塗装膜にムラがあったり細かいキズが目立っていたりといろいろ。
不快だったのはアルミの切削くずが多く出てきたこと。
内装をはがしていてわかったが、ネジ穴などの穴開け加工したときのバリ取りがされず、さらに加工後の掃除もせずに上から内装材を貼り付けている様子。
見えないところに気を配るという感覚が全く無いようだ。

最後に失笑・・・
画像
ロゴエンブレムを指で触れたら動いた。
接着の粘着力が弱くて上に乗っていただけの状態だった。
商品の顔になるロゴなのに・・・。
名前を雑に扱うのは失礼かと思いながらロゴエンブレムは内装材といっしょにゴミ箱行きとなった。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハズレだったか?TAC440SVアルミケース Tsu.-Morrow!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる